人間の快適な温度や湿度はどれくらい?快適に保つ方法も解説!


みなさんは、家で暑いと思ったことや寒いと思ったことはありませんか?
この記事では、部屋の中で快適に過ごせる温度と、快適な湿度と温度を保つための方法をご紹介します。

□人間が快適に過ごせる温度について

人が室内で快適に過ごせる温度は、夏場であれば25度から28度、冬場であれば18度から22度と言われています。
そして、人が室内で快適に過ごせる湿度は、夏場であれば45パーセントから60パーセント、冬場であれば55パーセントから65パーセントと言われています。

しかし、赤ちゃんの場合、自分自身の体温の管理ができるまで1年ほどの期間が必要です。
赤ちゃんが快適に過ごせる温度は大人と変わりませんが、この範囲から少し外れてしまうと、赤ちゃんの健康状態に影響してしまいます。
猫や犬などのペットも同様に、人間の快適気温の中でも高めの温度で設定するのが良いでしょう。

そのためには、エアコンの設定温度や大人の肌感覚に頼らず、温度計や湿度計などで温度や湿度を確認して調節することが大切です。

□湿度と温度を快適に保つための方法について

除湿をすると、蒸し暑い日本の夏でも快適に過ごせます。

除湿して湿度を低くすると、汗が蒸発しやすくなるので体感温度を下げられます。
そのため、エアコンの除湿機能や除湿器などを使って、部屋の湿気を取り除いていきましょう。
また、部屋の対角線上にある2ヶ所の窓を開けることで、部屋の空気を効率よく入れ替えることができます。

一方で、日本の乾燥する冬を快適に過ごすポイントは加湿です。

湿度の高い部屋は汗が蒸発しにくく、湿度が低い時よりも部屋が暖かく感じます。
そのため、洗濯物を部屋干ししたり、加湿器を使ったりして湿度を上げるようにしましょう。

また、カーテンやブラインドを活用した遮熱・断熱も有効です。
夏は窓から強い日差しが入り込むことで室温が高くなります。
そして、冬は窓から冷気が入り込んだり、暖かい部屋の空気が外へ逃げて寒くなったりします。

そのため、カーテンやブラインドなどを活用して遮熱・断熱を行うと、効率良く快適な室温を保つことができます。
さらに、暖かい空気は上に、冷たい空気は下に溜まりやすいので、扇風機やサーキュレーターなどを使って、部屋の空気を循環させるようにしましょう。

□まとめ

この記事では、快適に過ごせる温度と、快適な湿度と温度を保つ方法をご紹介しました。
家の温度にお悩みの方は是非参考にしてくださいね。
また、信頼できる家づくりのパートナーをお探しの方は是非一度三浦建設までご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA