折り上げ天井とは何?折り上げ天井のメリットとデメリットを解説!


開放的な家づくりを検討されている方の中には、「折り上げ天井」という名前を聞いたことのある方もいらっしゃるでしょう。
今回は折り上げ天井とは何かわからない方に向けて、概要と取り入れるコツを紹介します。
ぜひ家づくりの参考にしてみてくださいね。

□折り上げ天井とは?

折り上げ天井とは、天井の中央を壁周辺よりも1段高くした天井のことです。
折り上げ天井にすることで得られる利点と注意点がありますので、順番に紹介します。

*折り上げ天井を取り入れる利点

1つ目の利点は、部屋がスタイリッシュかつ広く見えることです。
もちろん天井全体を高くした方が開放感はありますが、それが厳しい場合でも開放感を作り出せます。

また折り上げ天井は好みの形に折り上げられ、部屋の印象を変えられます。
折り上げ天井にシーリングファンや間接照明、アクセントクロスを上手に取り入れることで、自分好みの部屋の雰囲気を作りやすくなります。

2つ目は折り上げ天井の上に部屋を作れることです。
開放的な部屋をつくる上で吹き抜けを選択するケースも多いですが、吹き抜けを設置すると上に部屋を取れなくなります。
折り上げ天井であれば上に部屋を作れるので、開放感を出しつつも空間を有効活用できます。

*折り上げ天井を取り入れる注意点

折り上げ天井の注意点の1つ目は、掃除がしにくくなってしまうことです。
天井を折り上げた分、凹凸ができてしまい、ホコリが溜まりやすくなってしまいます。

2つ目は上の部屋の天井高が低くなる可能性があることです。
折り上げ天井は吹き抜けと違って上に部屋を作れますが、折り上げた分の高さが上階の部屋の天井高に影響する可能性があります。

□折り上げ天井を取り入れるコツについて

折り上げ天井を取り入れる際、押さえておくとより上質な空間ができるコツがあるので紹介します。

1つ目は折り上げ天井に似合う照明を活用することです。
折り上げ天井はダウンライトや間接照明を設置すると、おしゃれな雰囲気に仕上がります。

2つ目は天井の一部もしくは全体に白いクロスを使うことです。
白いクロスを使うと、明るくて開放的な空間を演出できます。

□まとめ

折り上げ天井とは何か、どんな利点があってどう活用すれば良いのかをご紹介しました。
折り上げ天井は開放感や自分好みの部屋の雰囲気を演出するうえで役立ちます。
ぜひ一度検討していただくことをおすすめします。
信頼できる家づくりのパートナーをお探しの方は是非一度三浦建設までご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA