家づくりの際に平屋をお考えの方は、その耐震性が気になることでしょう。
地震が多い日本では、耐震性は非常に重要です。
平屋は耐震性に優れているため、日本に適した家の形状だと言えます。
そこで今回は、平屋が地震に強い理由と、より地震に強くする方法を紹介します。
是非お役立てください。

□平屋が地震に強い理由とは?

平屋が地震に強い理由は2つあります。

1つ目は、シンプルな構造であることです。
2階建てや3階建ての家に比べて構造がシンプルであることは、容易に想像できるでしょう。
正方形や長方形といったシンプルなつくりなので、地震のときに家にかかるエネルギーが分散されます。
その結果、倒壊のリスクが少なくなるのです。

また、もし家が倒壊しなくてもダメージは蓄積されます。
そのため、構造や土台にかかる負担を減らせる平屋の構造は非常に魅力的です。

2つ目は、高さが低いことです。
一般的に、建物は高さがあるほど揺れが伝わりやすくなります。
これは、地震の際に高いビルの方が揺れることからもわかるでしょう。

平屋は上の階がないため、地震の際に揺れにくいという特徴があります。
つまり、揺れによる被害が少なくなり、倒壊する危険性も低くなるのです。

□平屋をより地震に強くする方法

平屋は安全性の高い構造をしていますが、工夫次第ではさらに地震に強くできます。
地震の被害が心配な方は、紹介する3つの工夫を取り入れ、安心して生活できるようにしましょう。

1つ目は、耐震補強です。
壁に筋交いや補強用の合板を設けて壁を補強したり、新しく壁を増設したりすることで、地震に強い家にできます。
壁は建物を支えるものですので、補強や増設ででより耐震性の向上が期待できます。

2つ目は、柱を強化することです。
壁を増やした結果、光が入りにくくなるのが嫌な方は、柱を補強すると良いでしょう。

3つ目は、屋根を軽くすることです。
平屋はもともと2階がないため耐震性が高いですが、さらに屋根を軽くすることで家にかかる重みを軽減できます。
スレートやガルバリウム鋼板などの軽い素材の屋根にして、安全性の高い家に仕上げると良いでしょう。

□まとめ

今回は、平屋が地震に強い理由と、より地震に強くする方法を紹介しました。
耐震性の高い平屋ですが、より安全な家にしたいという方は、紹介した工夫を取り入れるのがおすすめです。
信頼できる家づくりのパートナーをお探しの方は是非一度三浦建設までご相談ください。

投稿者 kk-miura

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA