一般的な家の坪数とは?その目安を解説します!


注文住宅を検討中の皆さんは、一般的な家の坪数についてご存知でしょうか。
このような家にしたいという理想があっても、どのくらいの坪数が快適なのかイメージが難しいです。
今回は、一般的な家の坪数と坪単価を抑えるための方法について解説します。
どのくらいの家の広さにしようかお悩みに方は特に参考にしてください。

□一般的な家の坪数について

家を建てる時に登場するのが、「坪数」です。
広さの単位として、一坪=約二畳=約3.30579平米となっています。
一畳は、畳一枚分の広さのことを指しています。
また、畳の大きさは地方によって異なるため、その点はハウスメーカーに確認すると良いです。

注文住宅の坪数目安としては約38坪となっています。
これは、2018年に住宅金融公庫が住宅ローン「フラット35」申込者を対象に行った調査によるものです。
建売住宅の平均面積は100.8平方メートルです。
それゆえ、戸建て住宅は30坪〜40坪程度の広さの家が多いと言えます。

□坪単価を抑えるための方法とは?

アプローチとしては、建物自体に注目する方法と、請け負う業者の選び方の2側面から抑えられます。
少しでも予算に余裕を持たせるために、意識してください。

*内装よりも外装が重要であること

坪単価を少しでも抑えるためには外壁や外構に着目することです。
外壁や屋根は面積が大きいため、金額が変わってきます。
それゆえ、見落としがちな外構も予算に考慮することが大切です。

また、壁紙などの後から変更可能な物を安価にすることです。
坪単価を抑えるためには、消耗の激しい箇所である壁紙に費用をかけすぎないようにしましょう。

さらに、屋根に関しては、片流れにすることで初期費用を低減できることを把握しておきましょう。

*坪単価のみで業者を決めないこと

予算に見合っているかを確認するようにしましょう。
最終的な判断は予算に基づいて決定してください。

また、予算オーバーした際には、弊社では左官を主塾とした家を建てている為外壁を安価なものにせず、後からのメンテナンスなどにお金がかからないことを勧めています。
資金計画についてお困りの際にもぜひお気軽にご相談ください。

□まとめ

今回は、一般的な家の坪数と坪単価を抑えるための方法について解説しました。
一般的な家の坪数は、約38坪となっています。
坪単価を極力抑えて、費用を抑える参考になれば幸いです。
注文住宅を検討中の皆さんは、ぜひ三浦建設にお問い合わせください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA