マイホームを検討中の方必見!台風に強い家の特徴を解説!


近年、台風による住宅被害が多発していますが、台風による被害を抑えることができる家とは、どのような家なのでしょうか。
この記事では台風に強い家の特徴と、なぜ台風に強い家を作る必要があるのかについて紹介します。

□台風に強い家の特徴とは?

*立地条件

まず海沿いの土地は風速が強くなる傾向にあり、台風による高波や、高潮による災害が発生する可能性があります。
また、山が近くにある土地は、土砂災害が起きる可能性があります。
台風に強い家にするには、これらの条件の土地を避けることをおすすめします。

台風に強い家を建てる際には、その土地の周辺に高低差がある地形かどうかも確認しましょう。
周辺よりも低い土地は雨の水分により、地盤が弱くなっている場合があります。

*家の素材

屋根は、特に台風による被害を受けやすいパーツです。
そのため台風に強い家を建てる場合、破損や飛散を防ぐための屋根材を選ぶことをおすすめします。

また外壁も台風の被害を受けやすいパーツです。
台風に強い外装材や外壁材を選ぶと、台風被害を抑えられます。

台風で暴風が吹くと、窓に被害が及ぶ可能性もあります。
台風の暴風で窓が壊れないように、強化ガラスにしたり、シャッター雨戸を設置したりして、災害に備えておきましょう。

*定期的なメンテナンスをしている

屋根・外壁・窓の全てにおいて、災害に強い素材のものを選ぶだけではなく、定期的な点検やメンテナンスを行うことが重要です。
台風による被害は、屋根材や外壁材の経年劣化が影響することもあります。
メンテナンスのタイミングは素材によっても違うため、あらかじめ家の劣化状態を確認してから行いましょう。

□台風に強い家づくりをする必要性について

台風に強い家づくりが必要な理由は、台風によって床上浸水や外装が剥がれなど、建物に深刻な被害をもたらすことがあるからです。
特に近年は、台風による住宅被害が多発しています。
なぜなら、地球温暖化の影響で、日本列島に上陸する台風が大きくなってきているからです。

今後も地球温暖化が進むことが予想されるため、台風に強い家づくりをする必要性は年々高まっていると言えるでしょう。

□まとめ

この記事では、台風に強い家の特徴と、なぜ台風に強い家を作る必要があるのかについて紹介しました。
住む土地の災害リスクを知る際には、ハザードマップなどを確認してみることをおすすめします。
信頼できる家づくりのパートナーをお探しの方は是非一度三浦建設までご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA