健康住宅とは何?その特徴について解説します!


「健康住宅に住みたい」
このようにお考えの方は多いと思います。
そのような方のために、健康住宅について解説します。
健康住宅のメリットとデメリットも併せてご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

□健康住宅とは

健康住宅とは、住んでいる人が病気にかからず、人体に及ぼす影響がない健康な状態を維持できる住宅のことです。

健康住宅の定義を2つご紹介します。

1つ目は、シックハウス対策が行われていることです。

シックハウス対策とは、ホルムアルデヒドのような有害物質への対策がされていることをいいます。
有害物質をそのままにしておくとシックハウス症候群にかかってしまう可能性があります。
ホルムアルデヒドには、化学物質の他にも塵、ダニ、カビなどが含まれます。

2つ目は、健康寿命が伸びるような住宅であることです。

健康寿命を延ばすためには、1年を通して快適に過ごせるようにする必要があります。
特に、冬場を暖かく過ごせるように断熱性を高めると効果的です。

シックハウス対策と健康寿命を伸ばすような住宅の他にも、防災、経済、環境も健康住宅の定義に含むとされています。

□健康住宅のメリット、デメリットとは

健康住宅のメリットとデメリットをご紹介します。

まず、メリットはストレスが少ない生活を送ることができることです。

健康住宅は快適に過ごせるように設計されています。
健康を重要視しているため、断熱性に優れています。
結露やカビを防ぎ、換気にも配慮されているため安心して暮らすことができます。

断熱性が高いと、住宅が外気の影響を受けることが少なくなるので、夏、冬と一年中快適に過ごせます。
そのため断熱性が高いと冷暖房費用の節約につながります。
また、有害な化学物質を発生させないように天然の素材を使用しており、温かみのある住宅になります。

次に、デメリットを2つご紹介します。

1つ目は、コストが高いことです。
天然素材を使用することで坪単価が高くなってしまいます。
また、天然素材は住宅に合う素材で手間をかけ仕上げる必要があり、通常の素材よりもコストがかかります。

2つ目は、天然素材は独自の劣化が起こる可能性があります。
天然の無垢材は調湿作用に優れていますが、長期にわたると水分が失われて収縮、膨張または反りや曲がってしまうことがあります。

しかし、長年同じ家に住むとなると、健康住宅は需要が高いといえます。
家族と安全に10年、20年以降も一緒に暮らしたいという方は特に健康住宅はおすすめです。

□まとめ

この記事では、健康住宅について解説しました。
健康住宅をお考えの方は、この記事を参考にしていただければ幸いです。
信頼できる家づくりのパートナーをお探しの方は是非一度三浦建設までご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA