パントリーとは?メリットや設置する際のポイントをご紹介します!


パントリーのメリットや設置する際のポイントをご存じでしょうか。
パントリーについて詳しく知らない方はいらっしゃるでしょう。
そこで今回はパントリーのメリットと、パントリーを設置する際のポイントについて詳しく解説します。
ぜひ参考にしてください。

□パントリーのメリットとは?

パントリーとは、食品や食器を収納するスペースです。
独立したスペースを設けるウォークインのタイプや、キッチンの横や一角に収納庫を設置するウォークスルーのタイプがあります。
ここからは、パントリーのメリットを3つご紹介します。

1つ目は、まとめて保管できることです。
収納スペースが確保されているので、たくさんの食品ストックをまとめて保管できます。
忙しくてなかなか買い物に行けないときに重宝します。
また、悪天候でなかなか外出できないときや、災害が起きたときでも、非常食が自宅に保存してあれば安心でしょう。

2つ目は、キッチンの整理整頓がしやすいことです。
使用頻度の低い調理器具や食器をしまっておけます。
また、パントリーに整理整頓して収納すれば、キッチンを広く使えて作業の効率が上がります。

3つ目は、収納したものを探しやすいことです。
使う頻度の高いものと低いものを分けて収納でき、棚を開けておけばどこに何があるか一目で把握できるでしょう。

□パントリーを設置する際のポイントをご紹介します!

住まいや使い手によって最適な活用法は異なります。
ここからは、パントリーを設置する際のポイントを2つご紹介します。

1つ目は、キッチンと玄関からの動線に注意することです。
キッチンの周辺に設置するのはもちろん、買い物で買ったものや通販で届いたものをしまうことを考えて、玄関からの動線を良くしましょう。
ウォークインタイプの場合は出入口を2つ設けて、キッチンと玄関の両方から行き来できるようにすると良いでしょう。

2つ目は、適度な広さと奥行にすることです。
ウォークインタイプのパントリーは、1から2畳くらいの広さがおすすめです。
通路の幅は60センチメートルくらいにすると、無理なく通れるため空間を有効に使えます。

棚の奥行は30から45センチメートルくらいが適切です。
奥行が深過ぎると奥にあるものを取り出しづらくなり、浅いと収納力を確保できません。

□まとめ

この記事ではパントリーのメリットと、パントリーを設置する際のポイントを解説しました。
パントリーを設けるとキッチンにあるものを大量に保管でき、整理整頓もしやすいです。
パントリーを設けようとお考えの方は、ぜひ本記事を参考にしてください。
また、家づくりをご検討中の方は、ぜひ一度三浦建設までご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA