注文住宅と建売の違いとは?ご紹介します!


新築で家を購入する方法は、大きく分けて2つあります。
今回の記事では、建売住宅と注文住宅の違いについて紹介していきます。
この記事を参考にして、自分の理想に近い家の購入方法はどちらかを検討してみてくださいね。

□建売住宅と注文住宅の違いについて

まずは、建売住宅の特徴を見ていきましょう。
建売住宅とは、土地と建物がセットとして販売されている住宅のことを指します。
建売住宅を購入するタイミングは、主に2つです。

1つ目は、建売住宅が完成した後に購入する場合です。
すでに住宅が完成しているため、外装や内装などをチェックして購入できます。

2つ目は、建設中に購入する場合です。
建設中に購入する場合も、すでに設計図は決められていることがほとんどなため、ハウスメーカーに建設を任せられます。

建売住宅は一般的に、大きな土地をいくつかの区画に分け、それぞれの場所に住宅が建てられることがほとんどです。
統一性のある住宅が建てられるため、大規模な分譲地は美しい街並みが作り出されます。

次に、注文住宅の特徴を見ていきましょう。
注文住宅は、町の工務店や設計事務所などに依頼して家づくりをします。
間取りや内装、住宅に使用する材質なども自由に決められます。
自身の理想を反映しやすい家づくりと言えるでしょう。

自身が設定したコストの中で工夫ができるため、自由度の高い家づくりとされています。
様々なことを自身で決められる分、マイホーム建設までの時間はかかりますが、自分でマイホームを立てる感覚を味わえるのも注文住宅の魅力です。

□注文住宅と建売住宅をさらに詳しく解説します!

ここからは、注文住宅と建売住宅についてさらに詳しく解説していきます。
まず、自由度です。
マイホームに理想を反映するという観点から見てみると、注文住宅の方が建売住宅よりも圧倒的に自由度が高いでしょう。

「自分のこだわりや理想を反映した家を建てたい」という方には、注文住宅の方が向いていると言えるでしょう。
また、注文住宅は建設過程を確認しやすいのも特徴です。
完成済みの建売住宅を購入する場合、どのような施工が行われていたのか確認することは困難です。

しかし、注文住宅であれば施工段階ごとに状況をチェックできます。
どのように建設されているのか見られるのも、注文住宅の大きな魅力です。

□まとめ

今回の記事では、注文住宅と建売の違いについてご紹介しました。
どちらでマイホームを建てるのかは、ご家族と話し合いを重ねて決めてみてくださいね。
注文住宅に関してご質問などがある方は、お気軽に三浦建設までお問い合わせください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA