注文住宅に住み始めてから分かるやってよかったこととは?詳しく解説します!


実際に家に住み始めてからわかることは多いものです。
暮らしてから、もっとこうしておけば良かったと嘆きたくないですよね。
そのためには、注文住宅のやって良かったことや後悔を防ぐコツを知っておくと良いです。
今回は、注文住宅でやって良かったこと、後悔を防ぐためのコツについて解説します。

□注文住宅でやって良かったことをご紹介!

設備や間取りに関することでやって良かったことをここでは4つ解説します。

まず1つ目は、太陽光発電の設置です。
発電時に有害ガスを出さないかつ、電力使用のピークである夏に発電が多くできます。
省エネ住宅を実現する手段としての代表格です。
初期費用は高額ですが、長期的な目で見ると太陽光発電の方が節約できる場合もあります。

2つ目は、外部で使用できるコンセントを設置することです。
バーベキューや屋外用掃除機用として屋外に数個コンセントがあると非常に便利です。
室内以外に、高圧洗浄機や電動スクーター充電などを使用する場面もあるかもしれません。
使用すると思う方は設置することを検討すると良いです。

3つ目は、間取りは動線を考えることです。
トイレやリビングに行く生活動線や、洗濯物や料理をする家事動線などの暮らしをイメージして、より円滑に暮らせるような間取りにすると良いです。
その際には、家族構成やライフスタイルを考慮しましょう。

□注文住宅で後悔を防ぐためには?そのコツについてご紹介

*打ち合わせの時間を十分に確保すること

時間をかければ良いわけではないですが、十分な打ち合わせができるとプランの精度が上がります。
それゆえ、後悔を防げます。
また、注文住宅は完成までに時間を要します。
引っ越す時期などの目標を設定して逆算的にすり合わせていきましょう。

*なるべく地元の工務店で建てること

地域密接型の地元の工務店なら、打ち合わせ時に地域の特色を反映した意見を伝えてくれます。
また、余計なコストがかからない点や打ち合わせのスケジュールを立てやすいなどの魅力も詰まっています。

□まとめ

今回は、注文住宅でやって良かったことや後悔を防ぐためのコツを解説しました。
特に間取りの動線などは基本的なことですが、意識してください。
また、後悔しないためには注文住宅を作る過程で時間をかける箇所はかけたり、地元の工務店に頼ったりすると良いです。
注文住宅を検討している方は、ぜひ三浦建設までお問い合わせください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA